プログラム


日程表と抄録集

         日程表はこちらはこちら            抄録集はこちら

   日程表イラスト.png    抄録集イラスト.png     

<br><br>


合同大会プログラム

<br>

症例報告学術集会・学術大会 集会長・大会長 基調講演】

C1-1「重複する障害を持つ糖尿病患者どう診る、どうする、どう繋ぐ」

     演者:症例報告学術集会 集会長 小山昭人(市立札幌病院)

C1-2「糖尿病合併症の重症化予防を目指して 10年後のために今できること」

     演者:学術大会 大会長 平木幸治(聖マリアンナ医科大学病院)

【教育講演】日本糖尿病学会 との共催プログラム

C2「糖尿病の重症化予防」

     演者:吉岡成人(NTT東日本札幌病院 病院長)

【企業協賛セミナー】協賛企業:株式会社メディエッジ、丸文株式会社

「糖尿病足病変の理学療法管理」

     演者:河辺信秀(東都大学)

<br>


症例報告学術集会プログラム

<br>

【基調講演】

S1「『"北加伊道"戦線異状あり?』~糖尿病サバイバル時代!君は生き延びることができるか?~」

     演者:古川 真(釧路赤十字病院 内科部長 釧路CDE研究会世話人)

【指定演題】

S2「糖尿病理学療法活動報告(施設内連携、地域連携)」

     演者:吉田剣一(市立室蘭総合病院 理学療法士

        竹嶋優輝(市立札幌病院 理学療法士)

     コメンテーター:古川 真(釧路赤十字病院 医師)

             富樫むつみ(洞田内科クリニック 看護師)

             二木 桂(訪問看護ステーション木の葉 看護師)

             川岸志津(北楡病院 管理栄養士)

【一般演題】

S3  セッション1 テーマ「糖尿病合併症予防の理学療法」

     座長:阿部隆宏(北海道大学病院)

     演者:5題

S4 セッション2 テーマ「糖尿病連携(施設内連携、地域連携」

     座長:館 博明(JCHO北海道病院)

     演者:4題

<br>


学術大会プログラム

<br>

【教育講演】

G1「透析期CKD患者に対する疾患管理としての理学療法」

     演者:松永篤彦(北里大学大学院)

【シンポジウム】 「糖尿病合併症の重症化予防を目指した最新の取組」

G2-1「フレイル・認知症からみた糖尿病合併症の重症化予防」

     演者:牧迫飛雄馬(鹿児島大学)

G2-2「心大血管疾患、脳血管疾患からみた糖尿病合併症の重症化予防」

     演者:河野裕治(藤田医科大学病院)

G2-3「オンラインを活用した慢性腎臓病の重症化予防」

     演者:萩原悠太(株式会社PREVENT)

【一般演題】

G3-1〜G3-5 セレクション口述 

     演者:4題

G4-1〜G4-50 ポスター

     演者:33題

【よくわかる入門講座】

G5-1 「糖尿病基本的な理学療法評価」

     演者:片岡弘明(岡山医療専門職大学)

G5-2「低血糖 症状と対処法のポイント」

     演者:岩城大介(広島大学病院)

G5-3「運動処方 理論と実際」

     演者:本田 寛人(四條畷学園大学)

G5-4「腎症 理学療法のポイント」

     演者:音部雄平(カリフォルニア州立大学アーバイン校)

G5-5「神経障害 理学療法のポイント」

     演者:鈴木康裕(筑波大学病院)

G5-6「網膜症 理学療法のポイント」

     演者:河江敏広(東都大学)

G5-7「足病変 理学療法のポイント」

     演者:佐藤弘也(旭川医科大学病院)

<br>