事前参加登録のご案内

【研修について】
 「座学」研修と、「実技」研修の2つの形式で行われます。
                          *研修会の詳細は、大会HPをご参照下さい

■「座学」研修について
 聴講による研修でございます。「実技」研修についても企画によって聴講することができます(ただし、会場の定員枠を超えると聴講をお断りすることもございます)。 大会参加登録をしていただいた方であれば、自由に聴講が可能でございます。

(2日目主に行われます研修内容)
・「認知症サポーター研修」
・「理学療法士における政策課題と展望」
・「理学療法士の生涯プランニング」

■「実技」研修について
実技を含む研修となります。講師による実技指導などを含めた研修となるため、予め受講者定員が決められており、事前に受講希望登録を必要とします。

*「実技」研修のうち、講師による実技指導は受けられませんが、大会参加登録をしていただいた方が、講義の様子のみ自由に「聴講」も可能な研修テーマもございます。
ただし、当日の会場スペースによる人数制限もございますので、「聴講」ができない場合もございます。
なお、聴講可能な研修は、下記の(*)を確認下さい。

【研修について】
 「実技」研修 1日目のプログラム一覧 (こちらをご参考にしてください)

 

(*)会場スペースにより、「聴講」可能な研修

(1日間実施する研修:事前登録が必要)
 ・「上肢から自立を診る -全身運動に必要な上肢機能を考える-」(*)
 ・「理学療法における臨床研究のすすめ-研究計画から論文執筆まで-」(*)
 ・「理学療法スキルの再考 -関節可動域運動・筋力強化運動-」
 ・「国際化に対応する臨床理学療法英会話」(*)
 ・「明日からの診療が変わる -起立・歩行にこだわる-」
 ・「指導力を高める -臨床実習生指導方法を学ぶ-」

(2日間行われる研修:事前登録が必要)
・「中堅管理者向けの職場管理研修」(*)
・「災害と理学療法-支援から自立へ-」(*)

(追加受講料なし・事前登録が必要)
・「日本理学療法士協会認定理学療法士の指定研修会」
・「日本理学療法士協会認定理学療法士の認定必須研修会(補装具)」
・「臨床力を高める -患者診療の模擬演習(OSCE)-」(*)

【研修について】
 「実技」研修 2日目のプログラム一覧 (こちらをご参考にしてください)

 

(*)会場スペースにより、「聴講」可能な研修

(半日実施する研修:事前登録が必要)
・「ADLを正しく実践する-FIMを正しく実践する-」(*)

(1日間実施する研修:事前登録が必要)
・「疼痛に対するセルフ・エクササイズへと繋がる理学療法」(*)
・「認知症に対する理学療法の実践」(*)
・「理学療法スキルの再考 -関節可動域運動・筋力強化運動-」
・「排尿障害に立ち向かう -理学療法の可能性-」(*)
・「明日からの診療が変わる -起立・歩行にこだわる-」
・「足から自立を診る -フットケアに取り組む-」
・「ウィメンズヘルスにおける理学療法」

(2日間行われる研修:事前登録が必要)
・「中堅管理者向けの職場管理研修」(*)
・「災害と理学療法-支援から自立へ-」(*)

(追加受講料なし・事前登録が必要)
・「日本理学療法士協会認定理学療法士の認定必須研修会(物理療法)」
・「臨床力を高める -患者診療の模擬演習(OSCE)-」(*)

【受講料について】
〇53回大会では、「実技」研修を企画によって、半日、1日、2日間行います。「実技」研修では、1研修あたり1,000円~4,000円の受講費を、「座学」研修のみの費用(12,000円)に加えて、お支払い頂く事となります。


各企画プログラムと受講費の早見表はこちら

・大会HPの「プログラム」に、研修会種類を明示しておりますのでご確認ください。
・「協会指定研修」、「認定必須研修」、「臨床力を高める-患者診療の模擬演習(OSCE)-」は、 「座学」研修のみの費用で受講いただけます。
・受講パターンなど、参加者によって異なる可能性がございますが、「実技」研修は1日1講座のみの 研修となりますので、同一日に他の「実技」研修との重複はできません。

【受付方法について】

■「座学」研修のみの参加を希望する場合
すべての「座学」研修および「実技」研修(聴講者用席での聴講となります)の一部について、聴講することができます。

■「実技」研修の参加を希望する場合
事前に受講希望登録をお願いします。
「実技」研修については、定員が設定されています。そのため、各「実技」研修への受講希望登録を行って頂く必要があります。なお、定員数を上回る応募があった場合は、選考をさせて頂きますのでご了承下さい。
受講希望の可否については、4月上旬にメールにて連絡いたします。
承認後の辞退はご遠慮願います。
「実技」研修について、1研修あたり別途の追加受講費(1,000円~4,000円)が必要となります。

■定員に満たない研修については、4月以降再募集を予定しております。

■平成30年度年会費の振込みが確認できない会員につきましては、受講ができません。期日までに年会費の納入をお願いします。(詳細はこちら)

【受講までのスケジュールについて】

【受講までのスケジュールについて】
(こちらの研修内容と受講パターンを参考にして下さい)

一次募集①の受講パターン

受講については「Q & A」ページもご参照ください。

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡ください。
<お問い合わせ先>
日本理学療法士協会 事務局 生涯学習課
アドレス:shougai@japanpt.or.jp