大会長挨拶

第57回日本理学療法学術研修大会inとやま
大会長  酒井 吉仁

【ごあいさつ】

 新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、日々、最前線で職務に尽力されている皆様に、心から敬意を表するとともに、深く感謝を申し上げます。

 リハビリテーション専門職として我が国に理学療法士が誕生して50余年が経過し、理学療法士は社会ニーズに応えるべく、臨床・教育・研究活動に励んで参りました。その結果、リハビリテーションという言葉への認知度は高まり、理学療法士のさらなる職域の拡大と高度の専門性が求められています。その反面、理学療法士、理学療法という言葉の認知度は高いとは言えず、少子化による大学全入時代に入り多様な養成課程と養成定員の増加は、教育、学習の質の格差を生み、一部では理学療法士としての基本的な職能技能の低下が指摘されています。名称独占である職名は、一般の方々にとってわかりにくい専門職の職務内容と質を保証する資格・免許を有していることを示します。そのため理学療法士には、この名称に対する社会的な信用力を確保し、対象者との信頼関係を確立させるだけの知識・技術を保有するだけでなく人徳を兼ね備えたプロフェッショナルであることが求められます。

 本研修大会は、"理学療法士の臨床技能"を高める学術研修大会としての主旨に則り、「臨床技能の伝承~プロフェッショナルリズムの追求~」をテーマに理学療法士が半世紀の間に培ってきた技能を再検討し、多職域の理学療法士にとって必要な基本水準の理学療法技能の学修、多世代の理学療法士のニーズに合わせ外的水準に見合った高質水準の理学療法技能の学修を目的として開催いたします。

 研修プログラムは、ジェネラリストとしての理学療法技能研修 病期別2コースと高質水準の理学療法技能研修 専門分野9コースを企画しています。

 各研修プログラムの講師には、参加者のロールモデルとなる方をお招きし、演習、実技、症例検討を通じて公益性、道徳性、専門性が強く求められるプロフェッションとしての理学療法技能実践を学修できる内容とします。研修に必要な知識についてはe-learningを用いた事前学習を準備いたします。

 理学療法士が対象者の課題解決を図るといった日々の臨床活動を通して自己の技能を客観的に評価し、技能水準を高めていくためには学修の継続が重要です。わずかの開催期間である本研修大会では、学修の動機付けとなる気づきを各々に与えられる研修を提供したいと考えております。2日間ではありますが、多くの講師・参加者が一堂に会し、一緒に学び合うことにより、理学療法士としてのプロフェッショナルリズムを追求していただく事を期待しています。

 本学術研修大会では対面での技術研修を行いたいと考えています。これは教本などを用い行われる知識の伝承と違い、技能の伝承は人から人へ伝承されるものだからです。そのため、感染予防対策に万全を期し、対面研修を開催出来るよう努めてまいります。また、研修会においでいただくことが出来ない方のために、各研修プログラムのe-learningを受講できるよう準備を進めております。

 最後になりましたが、一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。